「教科書点訳連絡会(教点連)とは…」


視覚障害児が使用する点字教科書は、盲学校在校生については以前から国費で補償されてきましたが、一般校に学ぶ児童生徒の点字教科書は保障されていませんでした。
でも、まずは拡大教科書の運動が実を結び、2004年度後期からは、一般の小・中学校で学ぶ視覚障害児の点字教科書についてもようやく国費で補償されるようになりました。
これを受けて、一般小・中学校などで学ぶ視覚障害児童生徒が使用する点字教科書製作供給の確立や情報の共有などを目的に、2005年1月11日、全国の視覚障害者情報提供施設、点字出版施設、点訳ボランティア団体などが集まり、「教科書点訳連絡会」を発足いたしました。2007年8月にはNPO法人として新たな一歩を踏み出し、現在約30以上の施設・企業・ボランティア団体などを中心に、一般小・中学校などで学ぶ視覚障害児童生徒が使用する点字教科書製作供給の確立や情報の共有などを目的として活動しています。

また、年2回セミナーを開催しています。
 ※過去のセミナーについてはこちら



  理事長 田中 徹二(日本点字図書館理事長)
  副理事長 高橋 秀治(ロゴス点字図書館長)
  事務局長 奥野 真里(日本ライトハウス情報文化センター)
  理事 込山 光廣
  理事 福山 博(東京ヘレン・ケラー協会点字出版所所長)
  理事 藤下 直美(名古屋ライトハウス名古屋盲人情報文化センター)
  理事 加藤 俊和(全国視覚障害者情報提供施設協会参与)
  理事 長岡 英司(日本点字図書館)
  理事 古谷 妙子(つつじ点訳友の会)
  理事 野々村 好三(地域の学校で学ぶ視覚障害児(者)の点字教科書等の保障を求める会)
  理事 鈴 和代(日本点字技能師協会教科書点訳グループ)
  理事 池村 豊子(桑名点訳会会長)
  監事 牟田口 辰己(広島大学教授)
  監事 三上 洋(地域の学校で学ぶ視覚障害児(者)の点字教科書等の保障を求める会)
   
   
会員の団体(五十音順)
 NPO法人点訳グループ新潟点燈虫
 企業組合カトレア・サービス
 京都ライトハウス情報製作センター
 視覚障害者総合支援センターちば
 TGR
 宝塚点字友の会
 筑紫野点字教室
 点晴会
 点訳ボランティアグループ連絡会
 点友会
 奈良県点訳グループ青垣会
 日本点字技能師協会教科書点訳グループ
 ピッコラ
 広島県立視覚障害者情報センター
 八尾点訳奉仕野菊の会
 れんげ点訳の会




トップページへ     このページの先頭へ

inserted by FC2 system